トリア脱毛器の脱毛の仕組みとは?

トリアの脱毛の仕組みについて調べてみました。
そもそもクリニックやエステでおこなわれる脱毛というのは、いかに毛母細胞にエネルギーを与えてダメージを与えるかということになります。
毛抜きで毛を抜いたり、シェーバーで毛を剃るということと脱毛というのは全く違います。
脱毛というのは毛母細胞に熱を与えることでダメージを与え、毛が生えてこないようにするということになります。
そして毛母細胞へのエネルギーの与え方によって脱毛方式も変わってきます。

 

トリア脱毛器 仕組み

 

トリアの脱毛の場合、レーザー光により毛母細胞にエネルギーを伝えて脱毛していきます。
その際、レーザーのエネルギーは毛のメラニン色素を伝わって毛母細胞に伝えられます。
つまり、皮膚の中に埋もれている黒い毛の部分がレーザー光のエネルギーを毛母細胞まで効率よくつたえてくれるというわけです。
そのため、トリア脱毛器で処理をおこなう場合は毛を抜いてはダメなんです。
皮膚の中に残っている毛が毛母細胞に熱を伝えるための導線として重要になってくるということです。
毛は抜く必要はありませんが、トリア脱毛器で施術する前にシェーバーなどで毛は剃っておく必要はあります。
これも毛母細胞に効率よくエネルギーを伝えるために大事なこととなります。
皮膚の外に無駄な毛が出ている状態だと、トリアのレーザー光の光が皮膚の外側に伝わってしまい、毛母細胞に上手くエネルギーを届けられないためです。

 

レーザー脱毛は実はフラッシュ脱毛よりも安全でお肌に優しい

トリア脱毛器 仕組み

 

一方、トリア以外の脱毛では仕組みはどうなっているのでしょうか?
ミュゼといった脱毛エステではレーザー脱毛ではなく、フラッシュ脱毛という仕組みで脱毛します。
家庭用脱毛器だと、ケノンなども有名ですが、トリア以外の脱毛器はレーザー脱毛以外の仕組みになります。
ケノンの場合は、ミュゼなどの脱毛エステと同様にフラッシュ脱毛となります。
フラッシュ脱毛もレーザー脱毛とおなじく光脱毛なのですが、その光の種類と強さが違います。
レーザー脱毛は毛母細胞だけに吸収される光のみで、出力も強いのですが、フラッシュ脱毛の場合、いろいろな種類の光が含まれていて出力も弱いです。
フラッシュ脱毛に含まれる光にはお肌に有害な種類のものも含まれているため、施術前に皮膚をカバーするジェルが必要な場合がほとんどです。
場合によっては目に有害な場合もあるため、エステによっては施術のときにサングラスの着用が必須の場合もあるようです。

 

一方、トリア脱毛器の場合、毛母細胞に吸収される脱毛に効果のある光のみを使用しているため、施術前にジェルなどは不要です。
また、目に有害な光はあらかじめ除くようにサファイアガラスが発光部につけられています。
このサファイアガラスのおかげで、トリアで脱毛する場合、サングラスの着用等は不要になっています。
というか、そもそも目に悪影響をおよぼすような出力の光は出ていません。
そのため、サングラスなしでトリアのレーザー発光部を目でのぞいたとしても問題ありません。
そうでないと家庭用レーザー脱毛器として厚生労働省から許可がおりないようになっています。
だからといって、トリア脱毛器のレーザーを眼球に直接あてるような行為はやめておいた方がいいですが・・・。
そもそも、発光部に3点のセンサーがついているため、眼球に直接あてるのは難しくなっていますが。

 

このようにトリア脱毛器は、脱毛に効果のある光のみが出てくるため、お肌にも優しく安全なんです。
レーザー脱毛というと、フラッシュ脱毛よりもお肌に悪そうとか危なそうというイメージがあるかもしれませんが、実際は逆なんです。
トリア脱毛器のレーザー脱毛の方が、お肌や目に有害な光は除かれているため、むしろお肌に優しい脱毛といえるんですね。